企業ホームページって必要?

企業ホームページが無いデメリット

ホームページのチェックは今や常識に

ビジネスシーンでも普段の生活でも企業ホームページのチェックは今や常識になり、取引先のホームページをあらかじめチェックしておくこと、飲食店に行く際や、お店を訪問する前にホームページを確認するのは当たり前の事となっています。

このように企業ホームページを見て情報収集するのが当たり前の時代なので、逆にホームページを持っていない会社は厳しい目で見られてしまいます。「本当にこの会社に仕事を依頼してもいいのかな? そもそもまだ営業しているのかな?」と余計な不安を顧客に与えてしまうのです。

名刺や看板が無いのと同じ!

企業ホームページは、インターネットで検索してくれた人にお渡しす名刺であると考えてください。顧客はきちんとした名刺も無い会社を信用して取引したいと思うでしょうか?あるいは、企業ホームページはネット上の看板にもたとえられます。看板も表に出していない店にはなかなか積極的に入りづらいものです。

企業ホームページが無いのは看板・名刺もなしに営業するようなもので、会社のイメージを大きく傷つけてしまいます。

競合他社に負けてしまう

口コミや広告でお客様のお名前を知った顧客がどう考えるかを想定してみてください。多くの方が「まずはインターネットで検索してみるか」と考えるはずです。スマホで検索してみても会社のホームページが見つからない、引っかかってくるのはネット上の電話帳やポータルサイトのみ・・・という状況だと、お問い合わせをするのに二の足を踏んでしまいます。また、自社サイトでない場合には誤った情報が掲載されている場合も少なくありません。

ホームページが無い会社に問い合わせをすること自体が顧客にとって、もはやリスクになってしまっているのです

それなら、しっかりとしたきれいなホームページを構えていて、商品やサービスを写真付きで丁寧に紹介しているライバル企業の方が安心できますから、大部分の顧客がそちらの方に流れてしまいます。つまり、企業ホームページが無いと、知らずしらずのうちに競合他社に売上げを奪われてしまうのです。

検索で企業ホームページが出てこなければ、会社の存在自体を認知してもらえないまた、企業ホームページが無いと、例えば「諫早市でお風呂のリフォームをしてくれる会社は無いかな?」などと、Yahoo!やGoogleで検索している顧客に対しては、ポータルサイト等が運よく引っかからない限り、会社の存在自体を知ってもらえません

当社でも、お客様自身がネットで作り方を調べながらホームページを作った際に、「検索しても出ない」と、ご相談されることもあります。難しいベース部分だけは専門の業者に任せることが良いと私は思います。

お問い合わせの窓口が確保できない

会社のホームページが無ければ、連絡を取りたいと思っている顧客はどこに電話やメールをすればよいのかが分からず途方に暮れてしまいます。もちろん、インターネット上の電話帳やポータルサイト、他サイトに電話番号等の情報が載っている場合もあるでしょうが、公式サイトの情報では無いので不安が残ります。

特に、住所等は引っ越ししている可能性もあるので、「この住所は本当に最新のものなのか?」と疑問に思ってしまいます。このように、企業ホームページが無いと顧客がお問い合わせを躊躇してしまうことに繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA