のぼり旗の特徴と効果

のぼり旗はWEB・SNSが主流でも視覚的なPRには最適

道路に面して交通量のある通り沿いに、店舗や事務所をオープンしたとき、広告としてまず思いつくのは「看板」の設置かもしれません。しかし、看板となると、平面で広いスペースが必要な事と、結構な費用も必要になります。

のぼり旗は、不特定多数の通行人の目に留まり新規顧客を呼び込む目的や、そのお店が売りにしているものなどが一目でわかるため、たいへん視認性が高い広告といえます。

インターネットを使った店舗検索が主流になった今でも、のぼり旗を設置する事によって、商品やサービスが人の目に触れる機会を増やすことができます。近くを通りがかった方に、商品やサービスの魅力を伝えたり、お客様が必要なものを見つけるきっかけを作り、商品購入やサービスのご利用を促す効果を見込むことができます。
特にドライブや観光などでよく知らない土地へ訪れた際に、視覚的なアピールに向いていて、事前に目的地を決めず、現地で良さそうなお店を探すような人に向け、きっかけを作る広告としてのぼり旗は有効です。

のぼり旗を設置する4つのメリット

1.目に触れる事でWEB検索のきっかけとなる

のぼり旗を設置する事によって、商品やサービスが人の目に触れる機会を増やすことができます。近くを通りがかった方に、商品やサービスの魅力を伝えたり、お客様が必要なものを見つけるきっかけを作り、商品の購入やサービスのご利用を促す効果を見込むことができます。
店内に入る前に、WEB検索するきっかけにもなるので、特に、事前に目的地を決めず、現地で良さそうなお店を探すような人に向け、きっかけを作る広告としてのぼり旗は有効です。

2.優秀なコストパフォーマンス

看板を常設する場合の作成費用は、大きさなどにもよりますが、だいたい50,000円~数十万円ほどが相場です。これだけの費用が必要となると小さな個人経営の店や複数設置することは難しいかもしれません。

しかし、「のぼり旗」なら、通常の大きな看板に比べ、おおよそ10分の1程度の予算で作成が可能です。また、コスト面だけでなく、固定された動かない看板に比べ、風に揺れて常にゆらゆらと動く「のぼり旗」は、人の目に入りやすく注目されやすいという特徴があります。最近では、のぼり旗の外形デザインも様々なタイプがあるので目的に応じて選べるのも良いです。

少ない予算で大きな費用対効果が見込める「のぼり旗」は、コスト以外にも手軽に設置もできるメリットもあります。

3.省スペースなのに大きな存在感

「のぼり旗」なら看板に比べて、大きな設置スペースは必要ありません。スタンド分の敷地、さらにはポールさえ設置が可能なら、どこにでも設置が出来ます。路地の奥の方だったり、ドライバーからは死角になってる場所など、お店の立地条件があまりよくない場合でも、よく見える場所に「のぼり旗」を立てることによって、お店の存在やサービスを大きくアピールすることが可能です。
女性でも手軽に設置・撤去ができるのも、のぼり旗のメリットです。

4.常に新鮮な広告をアピール

看板に比べ、簡単にデザインを変更できるのも大きなメリットです。看板だと、コストや時間などの面で撤去や交換が難しくなりますが、のぼり旗なら、デザインの違う数種類の「のぼり旗」を用意しておいて、その都度入れ替えることも可能になります。

季節やイベント、営業時間帯に合わせてのぼりの変更を行いメニューやサービスの案内など常に新鮮で目新しい広告をアピールすることができます。常に新鮮なことで、さらに注目されやすくなるというメリットも。

 このように「のぼり旗」は、看板の様に重くなく、簡単に設置できてコストも安いため、一箇所で大量に使用されることも珍しくありません。現在の屋外用販促ツールの中で、一番効果的かつ定番のツールだと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA